スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島のエセ科学者による科学信仰の罪

福島のエセ科学者による科学信仰の罪 越智小枝(相馬中央病院 内科診療科長)

「結局のところ福島は安全なんですか、危険なんですか」


今のマスコミから、事実をつまびらかにするのは至難なのはいうまでもない。
右にしても左にしても、政治、報道機関の流す情報はバイアスがかかりすぎている。
このことに気がつかず、片方の情報に肩入れしてしまっている人を見ると、
なんて言葉をかけていいか。
このところ、出しかけた言葉を飲み込んでしまうことが多くなった。
というのも、反論に対し耳を貸さないどころか、意に介さないものは攻撃してくる。
だから、ここでこっそりと、自分が知見したことを話しているのだが
そして、何度も言う通り、モノの見方は人それぞれ、同じものを見聞きしても
受け取り方、反応は違う。
当たり前のことなのだ。
だから、こういう伝聞見聞があり、このように感じ考察した
ということを、きっかけにして、モノゴトについての見識を深めてもらえば良いだけのこと。

さて、フクシマに関して

結局のところはどうなんですか。

自分の得たモノでは、どうにも分からない。
ただ、フクシマに住まう人たちを救う言論なのか、それとも傷つけている言論なのか、というと、いずれにしても、フクシマからは慣れた外様の倫理論理の感触が強くて、双方の言論はフクシマを救うことから乖離している印象を拭えない。

越智小枝氏の記事は、フクシマを救うにあたって、原発、放射能による被害云々を講じる尺度の原点を指し示しているのではないかと思う。
スポンサーサイト

班目春樹氏の漫画

班目春樹氏の漫画
フクシマ原発事故について、その当事者のひとりである班目春樹氏がかいた漫画。

興味深そうである。

後ほどじっくり読ませてもらおう。

放送法はどのように成立したか

マスコミの偏向著しく、信頼性を欠いたニュースが流れている。
その中で、是々非々の姿勢を感じない、行き過ぎた報道が、益々混迷を深めているし、それを規制する動きも出てくる。
それを監視するハズのBPOの役員に「中指を立てている人」が公然と含まれていることに、疑問と不安も感じる。

なので、ここでは、こういった、政府の行き過ぎを監視する機能として、放送法はどのように成立したか
その原点を探ってみたい


誰が何を誤解しているのか?上層と公権力の関係について

「正直」と「素直」

いちばン楽しく、いちばン楽に生きるためには、「正直」と「素直」なンだよ。気を付けなくてはならないのは、決して、「馬鹿正直」と「馬鹿素直」ではないよ。馬鹿がつくと、人を傷つけるから。(小池一夫)

小池一夫氏のツイートから



自分は悪いことをした覚えがないのに、何故か人に疎まれたり…..

これは人の相性が悪かったり、根本的な考え方が違ったり、
ですれ違うこともある。

だが、おおよそ、世間を渡っていればその辺りの塩梅を心得ているものだ。
だから、そんな覚えがなのに、なんて、もし気がついたら、どこかしら心得違いがあるかもと、自分を振り返ってみるも良し。
そこで自分の反故に気づいたら、きちんと修正する。
言い訳をすれば、多分あまり良いことにはならない気がする。
戒めたなら、粛々と実践する。
後は、世の風に吹かれても、苦言なし。
自分の人生だもの。
新しい自分を育てることにチカラを注ぐ。

子曰、学而不思則罔、思而不学則殆

子曰、学而不思則罔、思而不学則殆

「子曰く、学びて思わざれば則ち罔し(くらし)、思いて学ばざれば則ち殆し(あやうし)。」


「学んでも考えなければ、[ものごとは]はっきりしない。
考えても学ばなければ、[独断におちいって]危険である」

孔子 『論語』(金谷治訳注/岩波文庫)より



夜話の新しいカテゴリーです。

もう立派な大人として、規範となるべき年齢ではありますが、日々至らない自分を発見するわけで。
それを悔やむばかりでは、これから先の人生に影を落とすばかりではないかと。
なので、日々何かを学び身に付ける姿勢を持っていたい。
ということなのです。
プロフィール

jyuzo496

Author:jyuzo496
しがない小市民
なのだが、今の世相を憂う
かと言って、何か行動を起こす勇気もない小心者

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

安全保障 歴史 マスコミ WGIP 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。