スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宜野湾市長選挙




公職選挙法138条に、「何人も、選挙に関し、投票を得若しくは得しめ又は得しめない目的をもつて戸別訪問をすることができない。」とあります。

これはOUTですね。
スポンサーサイト

TBS「SEALDs礼賛番組」の舞台裏

もう語る対象でではないのですが、マスゴミは彼らと踊っているのですね。
表に見える事象をその本流に遡ってみれば、わかってくることも。
ますますマスコミが報道の本意から離れていけば、やがて権力の暴走を停める役目を果たせなくなります。
自ら権力の暴走を可能にする社会に向かって暴走してるマスゴミ。

TBS「SEALDs礼賛番組」の舞台裏

香山リカの黒歴史

引き続き香山リカ氏について
こんな人物が大学教授でありBPOの委員なのですね。
本来役職の使命を逸脱した感ありあり。

香山リカの黒歴史

本質からずれる日本の社会運動

本質からずれる日本の社会運動ー香山リカの奇行から考える

石井孝明


eee0a905-s.jpg

上記記事冒頭より引用

「香山リカさんという精神科医がいる。左翼文化人であったが、奇行を繰り返しメディアから消えた。そしてネットでまたおかしな行為が暴かれた。

10日に右派団体が行ったデモにまとわりつき、夜叉のような顔で、中指を立て(欧米での下品な攻撃的仕草だ)抗議をし、デモに向けて「バカ野郎、豚野郎、ウァー」と叫び続けていた。また映像全編を見ると、周辺の人の騒ぎも異常で、街の迷惑だ。私の愛する東京から、双方の団体は出て行ってほしい。........ 」




ツイッターアカウントを乗っ取られた云々…..
この頃から特に香山リカ氏は変質が表立ってきたように思える。

それ以前からも、右派左派それぞれの一次資料を探求していくと、この変質の萌芽というべきか、ピースボートとの絡みからして、中道リベラルというよりは、かなり偏った考え方の持ち主とうかがえる。

そして、この国を良くしようとか、守っていこう、というよりは、権力憎し、私怨的であって、また暴力反対といいながら、暴力的であったり、目的のためには手段を選ばない感を肌で感じたりする。
なので、彼らから何かが生まれてくるミライに期待感を寄せることができないのだ。

平和の敵とは誰なのか?

岩田温の忘備録「平和の敵とは誰なのか?」

同じ日本人なのに…などと一言でいっても、多種多様な考え、思想を持って暮らしている。
ということを実感した2015年。
ぼんやりとしていたら、寝首を掻かれるかも….と思うこともしばし。
真実を知らないうちに流されて…..
から抵抗すれば、ほんとに平和という概念や実感は虚構の上に成り立っていた、とさえ思えることもある。

日本人として、国際人として、どうあるべきか、長い道のりが目の前にある。
プロフィール

jyuzo496

Author:jyuzo496
しがない小市民
なのだが、今の世相を憂う
かと言って、何か行動を起こす勇気もない小心者

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

安全保障 歴史 マスコミ WGIP 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。