スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

李承晩ライン

李承晩ライン

憲法9条で日本の安全保障はできるのか、考えている。
国会前でデモしている若者が主張している、憲法9条があったから、誰も死なない、殺していない、のだろうか
1947年5月6日 日本国憲法施行
1951年7月19日 サンフランシスコ講和条約起草中、韓国政府「竹島、波浪島を自領を要求」
1951年8月1日 アメリカ政府「ラスク書簡」にて韓国政府の要求を拒否
当時日本は軍隊をまったく保有していない状態。
1952年1月18日 韓国政府、李承晩の海洋主権宣言に基づき、一方的に日本海と東シナ海に軍事境界線を引く(李承晩ライン)
以後、李承晩ラインから韓国側に入った他国の漁船など、臨検、拿捕、接収、銃撃を受けるようになる。
1965年日韓基本締結、李承晩ラインが廃止されるまで、韓国による日本人抑留者3929名、拿捕された船舶328隻、死者44名
抑留者は6畳の板の間に30人、僅かな食料と水しか与えられられず、著しい人権侵害があった。
これをどうみるか。
若者たちよ、よく勉強して欲しい。
答えを求めて更なる探求は続くのだ。
スポンサーサイト

tag : 安全保障 歴史

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jyuzo496

Author:jyuzo496
しがない小市民
なのだが、今の世相を憂う
かと言って、何か行動を起こす勇気もない小心者

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

安全保障 歴史 マスコミ WGIP 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。