スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党野田政権時に「これまでの政府の憲法解釈を変え、憲法9条における集団的自衛権の行使をできるように提言していた」ということ

ヒゲの隊長が先日「民主党政権でも憲法解釈を変えて集団的自衛権を行使できるようにする」というのをあらためて暴露、というよりは、これまで国会やニュースを見ていれば、覚えている話だし、もともと憲法改正には懐疑的(まあ、反対です)だったので、こりゃ大変、と調べ始めたら、かつて政権を担っていた民主党も憲法解釈を変える、といっていたのは既に知っていました。
この件は以前にFBでもポストしたことが、あったか、独り言用のブログに書いたかも。

これが前提なので、今国会の安保法制について、民主党の対応は「その口でよくそんなことが言えるな」と感じたし、「既に研究を初めているのだから、政府案に反対なら、代替え案を出すべき」という論点で発言してました。

こんなことは、ボンクラなワタクシがほじくり出さなくても、マスコミは知り得ている話しだし、それをなかったが如く現政権を叩くのは、他の意図を感じるのは政治に関心があるサイレントマジョリティの方々も同じように違和感を感じているはずですし、このような論調のニュースが続けばマスコミの信用は失うのではと危惧します。

マスコミは権力に対し批判的であることは健全ですし、批判を世に問える社会が民主主義の社会だと考えるので、批判するスタンスを支持します。
ただ、いまの報道は真実を伝えること、多様な対論を病度に伝え、その上で社説をあげる、本来の使命から逸脱しているように感じるものです。

そう、武器輸出の緩和も野田政権が進めていますし、野党の時はいくらでも噛み付く事ができても、責任与党であった時の、現実を受け入れざるを得なった時と同じ気持で、是非議論を深めていただきたいものです。

憲法9条については、いろいろ語ること、考えねばならないことがあり、それはまた後でまとめてみようかと思います。

取りも直さず、国会前は過剰警備、などと、山本太郎氏がツイートしていますが、SIEALDsや山本太郎一派に対しではなく、主に「総掛かり」と言われいているお仲間のなかに、過激派が含まれており、それに対応する警備ではないか、とワタクシ的には考えております。

国家戦略会議「平和のフロンティア部会報告書」の持つ意味

集団的自衛権「解釈変更を」 国家戦略会議分科会が提言

スポンサーサイト

tag : 安全保障

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

jyuzo496

Author:jyuzo496
しがない小市民
なのだが、今の世相を憂う
かと言って、何か行動を起こす勇気もない小心者

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
タグ

安全保障 歴史 マスコミ WGIP 

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。